このページは家族のために手作りで作ってみた物を紹介しています。


蜜蝋ワックス作り

今回は手や顔に塗るワックスと床などに使用する建築用のワックスの2つを作ります。作り方はすごく簡単で、まず蜜蝋を鍋に溶かします、60度ぐらいで液体になりますのでそこにオリーブオイルを入れてよく混ぜます。割合は蜜蝋1に対してオイル5ぐらいです。割合を変えることで硬さが調整できるので用途に合わせ割合を変えてみれば良いと思います。

肌に付けるワックスはレモンやハーブなどのお気に入りのエッセンシャルオイルを追加します。

お風呂上りに手や髭剃りあとの顔に塗っています。家族も気に入って使っていますよ。最初は少しべとつきますがそのうちに馴染んできてしっとりします。オイルはオリーブオイルの他、えごま油などもお勧めです。すべて自然のものなので安心です。

下の画像は建築用のワックス用です。オイルは建築用の亜麻仁油を使っています。

建築用は用途が広く役に立ちます。無垢もののテーブルや床の手入れ用のほか革製品にも使えるので靴や鞄などにも使っています。もちろんウッドデッキのメンテナンス用としても最適ですが滑りやすくなると思いますのでその点注意してください。その他、作る時の注意点として鍋は蜜蝋が付くと高温の湯でしか取れないので蜜蝋用の鍋を用意することが必要です。一度試してみてください。


自宅用ドア作り

ウッドデッキの解体時に出た廃材を利用してドアを作りました。自宅の既存のドアは塩ビシート張りで質感が悪く、最近はろくに閉まらなくなってたので気に食わなかったのです。汚い廃材をまずプレナーで削ると新しい木目が出てきます。そのままでは面白くないのでわざとサンダや鋸で傷を付けます。真鍮製のドアノブを付けると古材のドアにしっくり馴染みます。 
オスモ塗装をしてチープな塩ビドアをごつい無骨なドアに交換しました。小一の娘曰く「くまさんの家のドアみたいやな」との事です。


畑作業

無農薬でおいしい野菜を食べたいと思い、家庭菜園をするようになり野菜には色々な種があることが解りました。よく一般に売られている野菜はF1種という種類です。これに対して固定種は昔の子供の頃に食べていたもので特徴として不揃いで小さく、味が濃いので栄養価が高い点です。F1種とは一代雑種(一代交配)といい一代限りの雑種で生育が早くて実が大きく収穫量も多いのですが味が薄く味気ないものです。固定種は種を取って次回に育てることが出来ますがF1種は一代限りですので種を取って育ててもまったく違う野菜になってしまうとの事です。
しかし実際に固定種を育ててみると簡単なものではありませんでした。土作りが出来ていない自分の畑はなかなか上手く育ってくれませんでした。

農薬や化学肥料は使いたくないので米糠と野菜くずを発酵させて肥料を作り3年目ぐらいから少しずつ収穫できるようになってきました。

 

ところが野菜が出来るようになると毎夜イノシシがやってきて畑を掘り起こして焼け野原の様になってしまいました。

 

しかしイノシシが掘り起こした所はトラクターが耕したように土がふかふかになっているではありませんか。もう野菜の苗は全滅していて守る物は何も無いので、耕したいところに米糠を撒き全面イノシシに耕させてやりその後柵を設置しました。

野菜を育てていると色々と気付かされる事があります。

種から苗を育てていると、元気なやつと弱々しいやつなどがあります。
元気なやつは順調に大きくなっていきます。弱いのはひょろひょろなのでもう枯れてしまいそうです。 と半分諦めながら気にかけて育てていると思いのほか、ある時からぐんぐん成長しだし、立派な実をつけたりするのです。これをみて自分の子供も今はああやけどいつかはこうなるんかなとか希望をもてたり慰められたり。そう人間いつから化けだすかはだれにもわからないものですね。